消費者金融の提供会社にはタイプの違いがあります。

消費者金融でのキャッシングには、たくさんの企業が存在していますので、どうやって選んだらいいのか迷ってしまうことがあります。そんなときでも消費者金融の提供会社によって大きく分類することで、絞り込みをすることができるようになっています。
消費者金融の事業を行っている提供会社には、大きく分けると3つのタイプに分かれています。銀行系、消費者金融系、信販会社系です。これらは直接キャッシング事業を行っている場合もありますし、関連会社や子会社が消費者金融事業を行っていることもあります。提供会社で最も信頼度の高いところといえば銀行になります。銀行は資金をたくさん持っていますので、貸し出すお金の金利も低くなる傾向があります。ただ、銀行としての信用度もありますし、お金を貸すさいにも厳しい審査があり、少し敷居の高いところが多くなります。
消費者金融系の提供会社は、銀行がバックについているところもあります。しかし、単独でキャッシングを行っているところは、サービスを重きを置いて事業を行っています。そのため、少し審査も緩くなっていて、より多くの人が借りている状況になっています。審査が緩くなると、貸し倒れの確率も高くなりますので、金利が若干高くなることが多いようです。消費者金融系の提供会社は、CMや街角の看板などでもよく見られ、親しみのあるイメージの提供会社が多くなっています。
信販会社系の提供会社は、クレジットカードなどを発行しているところがほとんどで、クレジットカードにもキャッシングが付帯していることがあります。もともとは、商品を購入するときの割賦販売が得意分野ですので、審査もそこそこ厳しくなっており、金利は消費者金融系の提供会社よりも少しだけ低くなっています。
このように提供会社によって、少しだけではありますが、特徴に違いがあって、新規で申し込みをする際には、まずは大きなくくりで分類すると、迷わなくても済むようになります。もちろん、自分の属性やどのくらいの金額を借りたいのかによっても、キャッシングの提供会社を選んでいく必要があります。初心者には銀行系のキャッシングをオススメしますが、消費者金融系の提供会社でも全く問題ありません。二枚目にはタイプの違う提供会社のキャッシングを選んでみるとバランスのよい選択ができるはずです。