消費者金融には厳しい規制があるので注意しよう。

消費者金融では少し前になりますが、貸金業法が改正され総量規制がかかるようになりました。総量規制は厳しい法律で、借入総額が年収の3分の1以上の借入を制限する法律です。これは貸し出す個人の年収のことを指していますが、罰則は貸金業者にかかってきますので、消費者金融自ら自制して貸し出しをするような規制になっています。
しかし、規制対象となっているのは、全ての金融機関ではありません。対象外となっているのは銀行です。規制の対象になっているのは、消費者金融、信販会社、クレジット会社、そして、事業者金融会社などになっています。さらにもう少しややこしいところがあります。総量規制の対象になっている部分は、個人向け貸し付けの部分だけになっています。例えば、クレジットカードのショッピング枠や住宅ローンなどは入っておらず、あくまでも個人がお金を借りるという部分に対しての規制になっています。そして、自営業などの事業を行っている人が、事業用資金として個人がお金を借り入れるときも総量規制の対象にはならないことになります。
こう考えると消費者金融以外でもお金を借りることが十分にできますので、利用限度額が少ないと感じていても総量規制対象外のローンを合わせるとかなりの借入額になっていることがあります。
こうした厳しい規制のおかげで、金利の部分も引き下げが行われました。消費者金融業者では、年利にして20%以上の金利での貸し付けを行うことができないようになっています。年20%以上の金利になると、まとまったお金を借りたときに何年もかかって返済をし終わることになりますが、その金利も抑えられるようになったため、キャッシングを利用する人にとってはありがたいといえるでしょう。借入限度額も低くなって、金利も低く抑えられるようになったため、安全に消費者金融でキャッシングができるようになり、利用者もだんだん増えてきています。また、お金を借りることに関してもそれほど悪いことだと考えることがなくなりました。
規制を掛けることが悪いことだとはいえず、利用者を守るための規制であれば、プラスに働くことになります。消費者金融の事業者も増え、それに加えて利用者も増えれば、さらにクリーンなイメージの業界として今後も消費者金融業界は発展していくでしょう。